Kazuki Kato

誰にとっても身近なものでありたい、国立公園の保全活動。

PROFILE

加藤 和紀
神奈川県小田原市在住
自然公園財団箱根支部(箱根ビジターセンター)

学生時代より日本全国・世界の国立公園について学び、自然のために従事したく思い、自然公園財団に所属する事となり、主に環境保全の面に力を注いでいる。

国立公園箱根の景観と自然価値をより多くの人に知ってもらうため、自然ガイドの他に登山道補修や有害鳥獣対策、外来生物対策、国立公園の普及啓発などのレクチャー、企業の簡易研修等で行えるような保全活動体験のレクリエーションコーディネートも行っている。

これからも箱根が自然豊かな土地であり続けてもらうため、日々少しづつでも来訪者に向けて、箱根の現状とこれからの保全活動を伝えていきたい。

PAGE TOP